フェリーに乗って、五島まで(×3回)

「五島に行ってきました!」お客様のこのセリフを何度聞いたことでしょう。今年の夏は五島が熱かったです!

島の数が日本一多い長崎県の五島列島。中でも一番大きな福江島には、長崎本土からフェリー(片道約3~4時間/約2,500円)、ジェットフォイル(90分/約6,000円)、飛行機(30分/約10,000円)で行くことができます。


大きな地図で見る

 

ブームにのっとるかのごとく、長崎・阿蘇のゲストハウスオーナー軍団も、スタッフも、カサノダの住人たちも、長崎在住の友達も、交代で行ってきました~!

福江島で一番きれいなビーチは高浜海水浴場だそうです。写真は9月ですが海は見事な3色のグラデーション!! 水も透明できれ~~~い!! 身近なパラダイスですね!!

五島の高浜海水浴場
福江島
五島の海
このビーチは排水が少ないためクラゲが出にくく、9月でも十分に泳ぐことができるそうです。足だけつかりましたが、水が気持ちいいし、景色もいいしで、全然帰りたくなかったです!

 

海もあれば山もある!

鬼岳
鬼岳はなんと全部が芝生でできた山! 遠くから見ると2色に見えます。上り道も芝生の中にまっすぐ見えているので、ほんの数分で山頂です。芝遊びを楽しめそうな気持のいい場所でした。

 

穏やかな場所から一転して、険しい「島」!を感じさせる一面も。

悪人の灯台
映画「悪人」の最後のシーンに出てくる灯台です。地元の方が、展望台まではいいけど灯台まで下りない方がいいよ。行きは10分くらいだか帰りは1時間くらいかかると教えてくれて、もちろん展望台で満足した私たち。見れば、そのまま転がり落ちそうなくらい急な坂道でした。しかも岩場が細いしですしね。とっても風が強かったので、行かれる際はどうかお気を付けて。

 

さらに、森のような場所もあります。

雨通宿(うとじゅく)
雨通宿(うとじゅく)
雨通宿(うとじゅく)
雨通宿(うとじゅく)といって、福江島の真ん中あたり。雨が通る宿とは何とも素敵なネーミングです。きれいな川があるので夏場はよさそうですね。この日は名前の通り雨でした。

そして、この雨通宿から名前をつけたアットホームな「ゲストハウス雨通宿(うとじゅく)」も福江に今年オープンしました。CasaNodaにもよく立ち寄ってくださるたかこさんがオーナーです。もともとお布団屋さんなのですが、奥の一部を改装して立派なドミトリーができています! 自分の家みたいでものすごく快適でしたよ。福江でのお宿をお探しならぜひご利用ください!

 

1~2時間で1周できる小さな島ですが、見どころがたくさんありました。関東からわざわざ五島にいらっしゃる方もいるくらいで、五島パワーを感じます。夏はビーチやキャンプ、バーベキューを楽しめますし、冬はミズイカが旬だそうですよ~~~! 新鮮な海の幸もご堪能ください。

長崎からのアクセスですが、フェリーとジェットフォイルは、CasaNodaから徒歩10分ほどの長崎港から運航しています。

フェリー:通常時で1日に3便(8:05、12:25、16:50)お昼の便だけは途中、上五島の奈良尾に寄港するため40分ほど余分に時間がかかりますが、およそ3~4時間で福江港に到着。

ジェットフォイル:1日に3~4便(ダイヤは季節により変動)

飛行機はCasaNodaからエアポートリムジンで35分ほどのところにある長崎空港から、1日に3便ほどです。

 

船酔いが気になる方も多いですね。フェリーは4階建ての大きな船なので、海が穏やかなときは大きな揺れが少なく、ほとんどのお客さんは完全に横になって眠っています(横になると揺れを感じにくいです)。ジェットフォイルは海面から浮いて走るため揺れやすく椅子の席しかありませんが、所要時間が短いので我慢する時間が短くて済みますよ。

フェリーの船内。

長崎-五島 フェリー
長崎-五島 フェリー
とっても熟睡できます!

 

 

Pocket

おしゃれ系トルコライスと宇和島プレートランチ「Kitchen K-bun(ケイブン)」

長崎名物トルコライス。お店はたくさんありますが、「Kitchen K-bun(ケイブン)」は、特に女性やワイン好きの方におすすめです♪

浜の町アーケードを崇福寺方面へ通り抜けたところのすぐ右に、

k-bunの外観
オレンジの看板が目立っていました。階段を2階へ上がります。

k-bun入口 k-bun_manu
テーブルが4~5つくらいのカフェ風の店内は、清潔感があって何となく落ち着きます。

k-bun店内
スタンダードなトルコライスに加えて、ハンバーグトルコやビーフシチュートルコ、スペシャルトルコなど、もうトルコを超えてヨーロッパまで行っちゃいそうな贅沢メニューが並んでいます。欲張り心を制して、ここはひとまずスタンダードなトルコライスを注文。待ち時間も少なく、さっと出してくださいましたよ。

トルコライス
お皿がちょっと小ぶりかな?と思ったのですが、実際に食べてみるとお腹いっぱい。なぜならどの料理も味がしっかりしているからです。まず、カツはあっさりしすぎずジューシーすぎず、絶妙な弾力と揚げ具合。チャーハンは具材がとても細かく切ってあって、バターと思われる深い風味がありました。ナポリタンは単独でのメニューもあるくらい店のお得意のよう。食べごたえのあるがっしり太麺がレトロなような、モダンなような。やみつきでした。それから、一緒についてくる味噌汁が絶品! お味の秘密がわからないので説明が難しいのですが、まるで味噌にワインでも練りこんだような、洋風の新しい感覚でした。

こちらはご主人のご出身に由来する宇和島プレート。手前の鯛めしが最高においしいです。とろろに卵をまぜたものもついてきますので、お好みでかけてお召し上がり下さい。

宇和島プレート
エビフライランチも注文してみました。エビは、1,2,3…5匹! たくさんのってて嬉しいですね。

エビフライランチ
本当はカステラ入りのパンケーキも食べてみたかったのですが、14:00からだそうで、残念。何種類かあるみたいです。どなたか遭遇できた方はぜひどんな味だったか教えてください!

カステラパンケーキ
カステラパンケーキ
バラエティーに富んだメニューの和洋折衷カフェレストランの雰囲気でしょうか。おしゃれ系トルコライスです。

 

 

【Kitchen K-bun(キッチン ケイブン)】

長崎市油屋町1-6

TEL : 095-823-0588

ランチ 11:30~


大きな地図で見る

Pocket

長崎くんち、まもなくです! 10/7(月)-9(水)

長崎を代表するおまつり「長崎くんち」が目前に迫ってきました! 長崎くんち(通称おくんち)は冬のランタンフェスティバルと並ぶ2大イベント。諏訪神社(通称おすわさん)のお祭りですが、その奉納踊りは中国・オランダ・ポルトガル…と長崎らしく国際色にあふれ、神社内にとどまることなく街中に繰り出していきます。

長崎くんち じゃ踊り
おくんちと聞いて一番に思い出すのは↑この龍踊り(じゃおどり)だと思います。しかし残念ながら今年はありません。奉納踊りは踊り町(おどりちょう)といって町ごとに披露する踊りが決まっており、7年に1回のペースで出番が回ってきます。今年の見せ場は…

くんち2013
御朱印船やオランダ漫才、鯨の潮吹きでしょうか。

7日の7:00に諏訪神社で最初の奉納踊りがあってから、12:45より神輿3基を長崎港ターミナル横のお旅所と呼ばれる目的地まで1,000人で引いていきます。これが“お下り”です。踊り町は諏訪神社→公会堂前広場→お旅所と時間差で移動していき、お昼の間は近くの街を踊りながら歩く“庭先回り”というのをしています。ですから、所定場所以外でも踊りのおっかけが可能! 庭先回りのマップとスケジュールはCasaNodaでも準備していますし、携帯やスマホ、PCからでも踊り町の現在地を確認することができます。スマホでは画面を地図にかざせばここですマークが浮き上がってくる、AR(拡張現実)アプリもあるとのこと。すごいですね。ちなみにCasaNodaからお旅所までは徒歩5分、なんと同じ町内にあるのです。

中日の8日も踊りは7:00から八坂神社→公会堂前広場→庭先回りとなっています。一方、諏訪神社ではいくつかの神事を行い、平和や安全を祈願します。

最終日の9日もまた7:00よりお旅所→諏訪神社→庭先回りと踊りが移動したあと13:00から、お旅所の神輿が諏訪神社に戻っていきます。“お上り”です。長崎は坂が多いことで知られており、お旅所の前の県庁坂もまあまあ急な坂。神輿はまた1,000人の担ぎ手に引かれてこの坂を駆け上がるのですが、これも見どころのひとつとなっています。

 

CasaNodaにはおくんちマニアの方がお見えになったりもします。ぜひ一緒に楽しみましょう!

 

 

【長崎くんち】

長崎くんち公式サイト http://nagasaki-kunchi.com/

(新着情報からチラシや各種マップをダウンロードできます)

 

長崎くんちナビ http://www2.nbc-nagasaki.co.jp/knavi/

(庭先回りをリアルタイムで教えてくれます)

 

諏訪神社 http://www.osuwasan.jp/index.html

(おくんちの何たるかはぜひこちらで)

 

 

Pocket

出島にて「ポルト 長崎 ~海の向こう側~」ジョアン・ガルシア写真展 10/5-12/16

出島を中心に鎖国時代も貿易都市として栄えた長崎市。今年はポルトガルのポルト市、オランダのミデルブルフ市、フランスのヴォスロール村との姉妹都市提携35周年にあたり、各地でさまざまな国際交流イベントが催されます。

中でもCasaNodaに縁があるのが、出島で行われるジョアン・ガルシアさんの写真展「ポルト 長崎 ~海の向こう側~」。

ポルト長崎写真展
ジョアンは昨年も長崎を訪れ、街中を撮影をしました。その後もポルトや長崎の写真をメールで送ってくれていたので、CasaNodaとしてもとても楽しみなイベントです。

ポルトは首都リスボンに続いて2番目に大きい都市で、美しい街並みと歴史ある教会群が「ポルト歴史地区」としして世界文化遺産に登録されています。また大航海時代に活躍したエンリケ王子が出港した街もポルトであり、食後にいただく甘口のポルトワイン(ポートワイン)の輸出に一役かったのもポルトです。

長崎とポルト。

どちらも港町で雰囲気が似ているのだそうです。港があるところには貿易や外交など必然的に歴史も深くなりますね。ジョアンはこのふたつの都市を通じて感じる共通イメージを撮りためてきました。

ジョアンガルシア写真展
長崎写真展
長崎ギャラリー
どれもニュアンスのある落ち着いた作品です。これらが一体どこか!?分かればあなたも長崎博士です。ジョアンのブログではポルトで撮ったものや、ちょっと違った作風のもの、明らかに長崎とわかるものなどをご覧になれますし、なんとなくジョアンの人柄も見え隠れします。作品にはコメントもついていますので、世界にひきこまれますよ。英語、ポルトガル語、フランス語がわかる方はぜひ。

10/5(土)18:00~は出島の旧内外倶楽部でオープニングレセプションも行われます(旧内外倶楽部は通常はレストラン営業しています)

 

【ポルト 長崎 ~海の向こう側~】

長崎・ポルト姉妹都市提携35周年祈念

ポルトガルの写真家、ジョアン・ガルシアによる写真展

日時 : 2013年10月5日(土)~12月16日(月)

場所 : 出島  旧内外倶楽部(出島の入場料500円)

 

ジョアンのブログ http://www.porto-nagasaki.net/

ジョアンが寄付金を募っています http://www.ulule.com/porto-nagasaki/

出島公式サイト http://nagasakidejima.jp/


大きな地図で見る
 

 

 

Pocket