枇杷(ビワ)、長崎のソウルフード果物編

近所の庭に「なってる、なってる。おいしそ~う♪」という季節がやってまいりました。心ときめかせる長崎の果物、「枇杷(ビワ)」です。県外の皆さまも“枇杷ゼリー”はご存じかと思いますが、我々にとって枇杷といえばやっぱり“生”! その辺の一般家庭にもこのように平気でなっています。

枇杷の木
 

さすがに出荷されるものと比べるとやや小粒ですが、それでもこうして実がついた木を見かけると「うわ~。枇杷を食べたいね~」とウキウキしてしまいます。身近なのに憧れの存在。なぜか果物にはそんな魅力がありますね。私はお中元にLサイズの枇杷が送られてくるが毎年楽しみでした。

 

長崎の枇杷
 

……などと思っていたら、自転車で九州を旅している釜山少年がどこか買ってきたのかたくさんの枇杷をくれました。願えば叶うと実感したこの瞬間!(しかも洗ってくれた!ありがとう!!)

 

釜山少年にもらった枇杷
 

コロンビアからいらしたお母様もちょうど私と同じ気持ちだったそうで、一緒おいしくいただきました。甘みが心まで染み渡りました~。長崎住まいの私たちが外国の方からいただくなんて、まことに恐縮です!

 

 

長崎人は枇杷を観覧車にするくらい、枇杷を愛しています。

枇杷の観覧車 枇杷の観覧車
 

枇杷観覧車が目印の「ココウォーク」という商業施設には、TOHOシネマや大きめの書店、スーパー、ドラッグストア、おしゃれなケーキカフェ、ファッションのお店もたくさんあります。1階は長崎バスセンターになっていて、市内バスはじめ空港リムジンなども行き来しています。CasaNoda(カサノダ)から電車で5分くらいのところにあります。

 

 

そうこうしていたら、また新たなお客様から葉っぱつきの枇杷をいただきました。

五島の枇杷
 

これは彼女が前日に行った五島のホステルでもらったもの。枇杷を買おうとしていたら、ホステルのオーナー夫妻が「枇杷なんて買うもんじゃなか!」と言って、その辺からとってきてくれたのだそうです。鍼灸師の彼女によると、枇杷の葉はお灸に使えるそうですよ! 枇杷お灸… 試してみたいかも!!

 

 

Pocket

長崎の隠れた観光スポット「ホタルの名所」

5月中旬から6月半ばのちょうど今頃は、ホタル観賞も長崎の隠れた楽しみ方のひとつになります。海岸線の長さ日本第2位の長崎は、海と山に囲まれているから川もたくさん。きれいな河川に生息するホタルにとって長崎の川は快適な住まいとなっているようです。

写真は5月31日、夜の8時をまわったくらい。いかにもホタルが出そうな山間の河川敷。

長崎のホタルスポット
 

そして! 出た!出た、出た!

たーくさん出たのですが、うまく写真におさめられず 😥

hotaru_nagasaki_1
hotaru_nagasaki_3 hotaru_nagasaki_4
hotaru_nagasaki_5 hotaru_nagasaki_6
 

手のひらにとまっているの、わかりますか??

hotaru_nagasaki_7
 

長崎のホタル情報は、長崎市のホームページで確認できます。週に2回観測されていて、多い時には1000匹を越えることがありますので、お見逃しなく!Wikipediaのホタル名所を見てみると、他の県だと〇〇町と具体的に書いてあるのに対して、“長崎県:市街地を除く県内各地に点在”と書いてあります。長崎にはそれだけ多くのホタルがいるということでしょうね。

また長崎といえば路面電車(チンチン電車)ですが、最終停留所の名前のひとつに「蛍茶屋(ほたるじゃや)」というところがあります。名前から察するに、昔きっとその辺りにホタルがたくさん出る茶屋があったのだと思います。これまで何も考えずに“蛍茶屋、蛍茶屋”と呼んでいたのですが、名前の背景を考えると急に趣深く感じました。

写真を撮ったところは通都川(つうつがわ)といって長崎市の東側、長崎多良見ICの近くです。他にも西山木場川、現川川、ちょっと足を延ばして戸根川など、長崎市内にはバスや電車+30分くらいの徒歩で行けるところがたくさんあります。狙いは5月中旬~6月上旬の夜8時頃。雨の日はホタルは飛びません。雨上がりまたは雨の前の日、湿気が多くてできれば曇りの日、風があまり強くない方がたくさんのホタルに出会えそうです。夕涼みのお散歩に、ホタル観賞をプランに入れてみてはいかがでしょう。(長崎市のホタル情報ページの下の方に、“ホタル観賞場所の地図はこちら”をいうgoogleマップへのリンクがありますので、ルート検索すると便利です)

 

 

Pocket