長崎のスイーツはカステラだけじゃない⁉️ 胡麻豆腐もあるんです🍽

長崎に来たらやっぱりカステラ!

福砂屋にしようか、文明堂にしようか、それとも松翁軒か、たくさんあって迷いますよね。

(ちゃんぽん同様長崎では大きな議論を巻き起こすトピックで、以前カサノダ でもカステラの食べ比べ大会を開催しました。)

私カステラも大好きですが、実は今回ご紹介したいスイーツはこちら・・・。


参照:法本胡麻豆腐店(https://www.houmoto.co.jp/)

 

 

そう、長崎ごま豆腐です!

 

長崎育ちの私が、初めて京都の胡麻豆腐を食べた時は衝撃でした。

なんで「甘くないの!?!?!?」

これはむしろ胡麻豆腐なのかという疑問が頭によぎりました。

それからずっと京都のごま豆腐は「甘くない」胡麻豆腐として特別視していましたが、最近それが間違っていることに気づきました。

胡麻豆腐が甘いのは長崎だけなのです🙀

 

江戸時代、日本中で砂糖がなかった時代にオランダや中国から長崎に豊富な量の砂糖が輸入され、長崎街道を中心にシュガーロードと言われていました。

(*ちなみに出島に行くと砂糖がたくさん入った蔵の様子が見学できますよ。)

砂糖を使った料理が当時最大の「おもてなし」といわれた時代にごま豆腐にも砂糖が使われ、甘くなっていったと言われています。

 

そしてもう一つの特徴はこの茶色です!

胡麻を焙煎して、この色味と香ばしさが生まれます。

 

そんな甘い胡麻豆腐、長崎中どこのスーパーに行っても手に入ります。

長崎でメジャーの胡麻豆腐屋さんは4つ。(本当はもっとあるかも!)

 

観月

長崎県長崎市脇岬町3628-5


http://www.kangetsu33.com/

 

法本胡麻豆腐店

長崎県佐世保市指方町570-1


https://www.houmoto.co.jp/

 

 

若杉商店

長崎県長崎市田中町279-22


http://gomadoufu.net/product.html

 

 

九一庵

長崎県大村市東大村2丁目1808番地1


http://kyuichian.com/publics/index/92/&anchor_link=page92#page92

 

法本胡麻豆腐店はこの中でも唯一カフェが店舗に併設されていて、お店一押しの胡麻豆腐を味わうことができます。

以前行ったことがありますが、胡麻豆腐の種類が本当にたくさんあって胡麻豆腐ヘブンです!

黒ごまソフトクリームも絶品。

 

長崎にお越しになった際には、ぜひぜひこの甘〜い胡麻豆腐をお試しください。

数日間は日持ちもするので、お土産にもバッチリです。

 

 

Pocket

長崎の日常を真四角に。長崎の路地裏から、漁師町の茂木まで。

Hostel CasaNodaとCasablanca Guesthouse と長〜いお付き合いの台湾人のフォトグラファーHsing Chen (通称しゃん)。

彼女が長崎をテーマにした写真を2シリーズを「KAMOME」、「8.15」というタイトルでHPに公開しています。

長崎の穏やかな風景や、何気ない一瞬を収めた、優しい空気感を持った写真たちです。

とても素敵だったのでこちらで紹介を!

 

「KAMOME」は長崎市内の住宅地で撮影された生活感が漂うシリーズ

唐人屋敷の裏側にある十人町などとても通なロケーションです。

山の斜面を埋める家々、観光で長崎に訪れた人はそれを眺めるだけということが多いかもしれませんが、実際にその中を歩いてみると面白い発見がたくさんあります。

猫が行き交う小道があったり、急な斜面があるところにはお一人様用のエスカレーターがあったり、なかなか楽しめます。(個人的には!)



 

 

そして「8.15」は長崎の市街地からバスで20分のところにある漁師町、茂木をテーマにしたシリーズです。

茂木といったら茂木びわや、ユニークなお菓子一口香を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

またタイトルの8月15日は終戦記念日でもあり、長崎の一大行事、精霊流しの日でもあります。

しゃんに聞くところによると、漁師町ということだけあって茂木の精霊船はとても凝っているとのこと。

写真は彼女の友人家族の精霊流しを取材したのだそう。

 

長崎に長期でいらっしゃる方には、バス1本で行けるしアクセスも良いので是非いってみてねと勧めている場所です!

雨の日は山霧が立ち込め、晴れた日には美しい海が見渡せる、自然豊かな場所です。そして今では珍しい石蔵のあるお屋敷など風情のある街並みも楽しめます。

 



 

台湾人のフォトグラファーが切り取った長崎の風景、シリーズ全作をご覧になりたい方は是非こちらからどうぞ!

https://hsiangchen.com/

 

CasaNoda Misaki

Pocket

私たちはたこやきで出来ています。笑

なんと10月もう残りわずか、

これから気温はどんどん下がりつつ、

みんなさんも風邪ひかないように気をつけてくださいね!

今日の写真は新しいスタッフのために開催された歓迎会兼たこ焼きパーティーでーす。 😆


お客さんも一緒にエンジョイしてくれました。

各自の発想でいろんな味のたこ焼きができました。

たこ焼きはみんなで作って、変わりタネで遊んで、そして一緒に食べるのが楽しいですね!

カサノダ /カサブランカでは不定期開催なんですが、

パーティーがない時も毎日楽しいですよ! 😛

カサノダ  カミン、あきな

 

Pocket

おかあさんの夏休み日記♪何気ない日常に感謝の気持ちでいっぱいになりました!

みなさんこんにちは。
もうすぐおかあさん2年生の、あやかです。

夏休みを利用して、四国の実家に帰りました!
みなさんは夏休みいかがお過ごしになられましたか?
10日間実家にいて、親がほとんど全てのことをやってくれたので、超のんびり、脱力して過ごすことができました。
こんな生活は、実家から離れている長崎では、本当にないので、
今回の夏休みに実家でお世話になったことは、本当にありがたいことだなと痛感しているのです。

アンパンマンの大ファンの我が子のために、(同様に大人がカツオを食べるために笑)
高知にあるアンパンマンミュージアムに行ってきました〜


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

ミュージアム自体もいいのですが、何より外のアンパンマン遊具が最高に良かったです!


 

 

 

 

 

 

 

 

アンパンマンミュージアムに行くことを検討されているおとうさん、おかあさん、
高知のアンパンマンミュージアムと鰹の旅おすすめですよ!w
ミュージアム内のショップもこじんまりとしているので、何か買わされることは、
あまり心配しないで良いかなっと思いますw

夏休みが終わったら、カサノダカサブランカで働いてくれていた、台湾研修生の送別会がありました!
こちらにも、ちゃっかり親子で参加させていただきました(アンパンマンのワンピース着用ww)


 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、私の夏休みは終わりました。
カサノダ カサブランカの業務は、頑張る!というよりかは、いかに楽しむ!か!
というところなので、日常に戻っても、あー仕事かーみたいな気持ちは特段ありません。

上の写真は、スタッフ、スタッフの家族、ヘルパーの方々、お客さんです。
とてもアットホームでフレンドリーなカサノダ カサブランカに、遊びに来ませんか?
旅行での利用に、または住み込みのヘルパーとして、人生を変えるかもしれない
カサノダ カサブランカでの思い出を是非作ってほしいです(^ ^)

 

それでは良い1日を!

さらば!

 

あやか

 

Pocket

長崎の避暑地へ 〜日帰り島原半島の旅〜

こんにちは!!

長崎は猛暑日が続いています。ただ暑いだけじゃなくて危険なレベルの暑さだそうですね。

長崎人が涼みに行く場所と言ったら、やっぱり島原半島。明治時代から避暑地・保養地として有名な場所です。

ということで先日カサノダ スタッフとヘルパーさん、オランダから来たゲストさんと一緒に島原半島一周(雲仙、島原、南島原、小浜)に行ってきましたー!

じゃがちゃん
島原と聞くとまず私の脳裏に浮かぶのは「じゃがちゃん」。

そうあのじゃがちゃんです。ジャガイモの収穫量全国2位の長崎で採れた新鮮なジャガイモを秘伝の衣で包んであげた名物商品です。

しかし島原のどこでも食べられるものではなく、千々石観光センターでしか食べられません!これはとてもレア感がありますね。


http://www.chidiwa.com/center/jagachan/

何回食べてもやっぱり美味しいじゃがちゃん。皆さんも是非1度!

 

そして同じく千々石観光センターで見つけてしまいました。流しそうめん。

島原のそうめんはとっても有名で、これは食べないわけにはいかないでしょう!

いざ席に案内されるとなんと素敵なオーシャンビュー。

そう、この千々石観光センターでは千々石の海、日本景観100選の地に選ばれた「橘湾」を一望できるのです。

なんて贅沢な!!!

流しそうめんを初めて食べるオランダのゲストさん、喜んでくれたようで嬉しいです。

柚子胡椒も一緒について来たのも嬉しい!



 

予想以上にはしゃいでしまった千々石観光センターを後にして向かったのは島原市街地。

公共交通機関でもアクセスしやすい島原市の中心地には、美味しいものや、楽しいことがいっぱいです。

 

まず向かったのは島原の湧水館。imabaraonsen.com/yuusuikan/


島原名物の甘味、かんざらし作り体験で人気のスポットです。

残念ながら私たちは時間に間に合わず体験できませんでしたが、とっても親切なスタッフさんに館内を案内していただきました。


湧水館はあるご夫婦から島原市に寄贈された屋敷で、今は観光客向けの休憩所になっています。

まるでからくり屋敷みたいに、家のいたるところに面白い工夫がされていました。

お目当のかんざらし作り体験はできませんでしたが、それでも大満足です。

 

そして湧水館の近くにあるかんざらし屋さん「水都」へ

http://www.sweetmulberry.net

店内が満席だったので諦めようとしていたところ、

外の水路に足をつけて涼みながら、食べませんか?と声をかけていただきました。

私たちはもちろん大喜び。町中にある水路は鯉だけじゃなくて私たちも使えるのですね。


水がとっても冷たくて、一気に暑さが吹き飛びました。

こんな綺麗な水路があるなんて島原の人がうらやましい〜


ラムネが冷やしてあって風情があります。

島原の綺麗な水で作ったかんざらしも美味しくいただきました!


 

 

次に向かったのは島原で有名な唐揚げ屋さん「鶏の白石」です。

鶏の白石
なんと創業45年の老舗で、新鮮な地元の鶏を秘伝のタレに漬け込んで作った唐揚げなのです。

唐揚げは熱々が一番ということで、写真なんて撮る前に完食。

そしてあまり知られていませんが島原は唐揚げの名店が多く、他にも美味しいお店がたくさんあるそう。

次はぜひ唐揚げ巡りの旅に行きたい!

もちろん食べるだけではなく、街中で足湯に入ったり、湧き水を飲んでみたり歩いているだけで楽しい街でした。

 

次は南島原、夕陽が沈む南島原市加津佐町の白浜海水浴場に向けて出発です。

赤土の畑が道路脇に広がっていて、ここでじゃがちゃんが生まれているのかと感慨深く景色を眺めているうちに

到着。ちょっと曇ってますがバッチリ焼けましたよー。

南島原の夕日
たくさん遊んだ後は、いざ晩御飯へ

グーグルさんに見つけてもらったお店「炉ばたお食事処 天海」に行くことに

https://tabelog.com/nagasaki/A4203/A420303/42007618/

メニューが豊富で、コスパ良し!

お刺身やちゃんぽん、揚げ出し豆腐、いろんなものが少しずつ食べたいというわがままにも快く対応してくださり感謝です。

頼んだお料理は全部美味! 写真がないので食べログの写真でぜひ想像してみてください。

食事後にお店の方とお話しもして、とても気さくで素敵なスタッフさん達でした。また行きたい!

それにしても島原半島で出会った人たち、本当に皆さん親切でそれがとても印象的です!

 

今回は午後に出発したので、最終目的地の小浜に着いた頃には辺りは真っ暗。

でも煙突や溝からでている湯気がとても温泉地らしい風景でした。

アイスクリームを食べながら湯気を鑑賞し、これが本日の締めとなりました。

次は小浜をもっと探索したいですねー。湯気しかみてない。

公衆蒸し器でジャガイモを蒸したい!

世界一長い足湯に入りながらアイスクリームを食べたい!

 

ということで島原半島ドライブしてみた編でした。

次はどこにいこうかなー。

Pocket