EnglishkoreanJapanese
長崎県長崎市元船町6-1 NSビル 長崎のゲストハウス|CASANODA(カサノダ) 電話番号095-800-2484
ホーム料金・予約お部屋・設備空室検索アクセススタッフブログ

8/8 平和の灯(ともしび) 原爆記念日を前に平和公園にて

8月9日は長崎の原爆記念日です。

毎年この日は平和公園で記念式典が行われており、今年は安倍総理も出席されました。テレビ中継もされる粛々とした式典ですが、その前夜には市民の手で作られるもうひとつの素敵な行事「平和の灯(ともしび)」も催されています。

平和の灯は、平和公園の中心にある平和の泉(噴水)の周辺や階段、遊歩道に沿って、数千のキャンドルを灯し平和を願うイベント。

平和の灯 平和の灯
これらのキャンドルはすべて長崎の小学校、老人ホーム、特別施設の方々が手作りしたもので、表面には平和のメッセージが刻まれています。数か月前から準備されてきたキャンドルたちは大切に会場に持ち込まれ、びっくりするほど大勢のボランティアスタッフによって公園じゅうに並べられます。

平和の灯
ここがメイン会場となる平和の泉。原爆が投下されたあの日、水を求めて亡くなった方々を思い平和公園や平和祈念館ではたくさんの水がモチーフとして使われています。看板に隠れて見えにくいですが、この奥に有名な平和記念像と式典が行われる広場があります。噴水を囲んで行われるのは、爆心地により近いところにある小学校や中学校の生徒、地元のオペラ協会、長崎縁のクラシック重奏団による平和の音楽。炎天下の中でも熱い思いを抱えてリハーサルです。

イベントは少しだけ日差しが陰った18:45にスタート。平和の象徴・白い鳩のバルーンが青い空に舞いました。きれい!

鳩の風船
コンサートも始まって、次第にあたりは暗くなります。

平和の灯
平和の灯
明りの通路がとても綺麗です。

DSC_0971 DSC_0980
来場者も白いキャンドルにメッセージを書くことができ(100円)、みんなが作ったメッセージキャンドルの列が予想以上に延びて、延びて……。イベントは大成功のうち閉幕しました。

CasaNodaからは、たまたま夏休みを利用して関東から来ていた若い小学校のイケメン先生2人がボランティアに参加してくれました(ひとりは右回り、もうひとりは左回りで九州一周チャリンコ旅をしていた見知らぬ二人がCasaNodaで出会いました)。「今の小学生は戦争を知らないから」と、熱心に写真やムービーを撮り生徒に見せてあげるそうです。

平和公園はCasaNodaから電車で15分ほどです。

 


大きな地図で見る

Pocket


2013年 8月23日