EnglishkoreanJapanese
長崎県長崎市元船町6-1 NSビル 長崎のゲストハウス|CASANODA(カサノダ) 電話番号095-800-2484
ホーム料金・予約お部屋・設備空室検索アクセススタッフブログ
ホーム » すべての記事 » この記事

長崎ホステル「Casa Noda」でアラブ料理

「長崎でアラブ料理」 昨晩、アラブの友人たちが長崎ホステル「Casa Noda」でファラフェルのサンドウィッチを作ってくれた。ファラフェルは、ひよこ豆にいくつかの材料を加えて作るコロッケみたいな食べ物。1年半前にアラブの国々を旅したとき、ファラフェルが簡単に作れるパウダーを買ってきたのが少しまだ残っていたので今回はそれを使った。
長崎フェリーターミナルのそばにあるショッピングセンターまで徒歩3分、数人がパンといくつかの野菜を買出しに行ってるあいだ、他のみんなはドーナツを食べながら話をしていた。

今回は、イタリア人のエウジェーニョがデザートを担当。オレンジの皮を剥いてカットし、そこにスライスしたニンニク、塩、オリーブオイルを加えて、あとは混ぜるだけ。とってもイタリアらしいフレッシュなデザート。彼はオランダ坂そばの東山手にある長崎国際交流塾「地球館」でランチを作った足で駆けつけてくれた。「地球館」では土・日・祝日にいろんな国の人が自慢のランチを出す「ワールドフーズレストラン」を開催しており、今年5月に14年目を迎えたらしい。今は長崎観光の名所の一つにもなってて、県外からの旅行者が大勢訪れる。→ 地球館 www.h3.dion.ne.jp/~chikyu/j_frame.htm

シリアの友人が以前、文化の話をするのにヨーロッパとアラブで区切ってもいいけど、特に食文化に関しては地中海の国々にあまり国境は関係ないと言っていたのを思い出す。オリーブ、ハーブ、フルーツ、シーフードなど同じように生産し消費する。なるほど地図を見ても南ヨーロッパからアフリカを含むアラブの国々まで、まるで瀬戸内海沿岸みたい!


さて、そうしているうちに、フランスパンを使ったファラフェルサンドウィッチの出来上がり!ファラフェルはアラブの格安ファストフード。シリア、ヨルダン、パレスチナ、エジプト、レバノン、どこへ行っても必ずある。だけど長崎で食べられるのはここだけ!これは言い過ぎだけど、これからも時々アラブの食材を買ってきて友達に作り方を教わろうと思う。こういうことが自由にできるのも、ゲストハウスの広い空間があるからなんだなと思う。

カメラ: RICOH GRX+GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO,  iPhone

Pocket


2011年 7月5日