EnglishkoreanJapanese
長崎県長崎市元船町6-1 NSビル 長崎のゲストハウス|CASANODA(カサノダ) 電話番号095-800-2484
ホーム料金・予約お部屋・設備空室検索アクセススタッフブログ
ホーム » すべての記事 » この記事

え?トルコライスを食べたことがない?それは問題だ!!長崎にトルコライスを食べに行こう!!パート1

みなさまこんにちは^^

最近どうお過ごしですか?

長崎はようやく冬らしい寒さになってきました。やっぱり朝晩は冷えますね><

私は年末から年明けにかけて2度も風邪ひいちゃいました〜(;_;)

皆さんも風邪ひかないようにお気をつけてくださいね♪

 

11日からはまた新しいボランティアスタッフの和子ちゃんがカサノダにやってきてくれました!!

最近はいろいろとボランティアスタッフの人たちが来てくれて、とても嬉しいです♥

まだまだカサノダと2号店のカサブランカではお掃除のボランティアスタッフを募集しているので、興味のある方はどしどしご応募ください!

 

そして、おとといそのボランティアスタッフの和子ちゃんと長崎を観光してみました♪

 

まず長崎の中心地、浜の町アーケードをぶらり。それからItalian Tomatoというカフェでケーキを食べました。そして急遽私の母校である活水女子大学をみたいというので、閉門ギリギリに守衛さんに頼み10分だけ中庭だけ見せてもらうことにしました。

 

 

活水中庭
 

 

和子ちゃん活水のキャンパスを気に入ってくれたみたいで、いっぱい写真を撮っていました!

 

 

活水女子大学はグラバー園の近くにあるので、ついでにグラバー園まで行ってみることにしました。

赤い屋根のところが活水女子大学です!見えますか?^^;でもすっごく近いです。

祈念坂から活水の眺め
 

残念ながらその時はもう、閉園時間近くで行くことはできなかったのですが、グラバー園の途中にある、国宝大浦天主堂の外側の眺めを堪能してきました!

 

大浦天主堂石の看板
 

大浦天主堂
夜はライトアップされていて、輝きがすごかったです!

 

 

 

 

それからCasa Nodaの2号店であるCasa Blacnaに少々お邪魔し、夜ご飯を食べることに^^

夜ご飯は、長崎といえばトルコライス!!

ということで、スタッフ大絶賛のニッキーアースティンへ。

ところでこのトルコライス、なぜトルコライスと呼ばれているのかご存知ですか?諸説あるそうですが、トルコライスとは、簡単に言うと大人のお子様ランチみたいな感じです!オーソドックスなトルコライスは1皿の上にピラフ、スパゲッティ、そしてとんかつがのっているものです。聞いただけでもかなりボリューミーだと思いませんか?

 

実際こんな感じ。

Lecker トルコライス
「炭水化物のコラボレーションや〜〜〜!!!」

という彦摩呂さんのモノマネは置いといて・・・笑

 

こちらはグラバー園の近くに有るトルコライスのお店Lecker(レッカー)さんのトルコライス^^

こちらのトルコライスもすごく美味しいです!大学時代よく友達と行っていた思い出のお店です。

 

なぜトルコライスと呼ばれているのかは定かではありませんが、お皿の上に乗っている料理が関係しているようです。

トルコという国がありますが、トルコは西洋と東洋の中間地点で西洋文化と東洋文化が入り混じっている国だそうです。そして、トルコライスをもう一度みてみると・・・

Lecker トルコライス
 

スパゲッティといえば、イタリア。ピラフといえば、ご飯→アジア?とんかつ→日本。

 

「食の異文化交流や〜〜〜!」彦摩呂さん再び(笑)

 

そう、1皿の上に西洋と東洋の食文化が混ざっている。まるでトルコのようじゃないか!ということからトルコライスと呼ばれ始めたとかなんとか・・・

あくまで諸説あるうちの1つなのですが。

 

ニッキーアースティンさん、あいかわらずの大盛況でしたが無事に座ることができました。ニッキーアースティンはメニューが100種類以上もある、長崎で有名なトルコライスのお店!料理もすべて手作りみたいです。手作りのドレッシングもいい感じで、野菜のおいしさを引き立てていました!

 

ちょっと長くなったので、また次回私たちがどんなトルコライスを注文したのかお知らせしようとおもいます〜!

 

チュース^^

ゆりでした!

 

Pocket


2016年 1月15日